FC2ブログ

急ピッチ!?

日々の大工作業、実は棟梁がお一人で作業をされています。

熟練の技術があるからこそできることなんだなぁ、と思います。
今はちょうど、サッシ枠の化粧造作、建具取り付けの枠の造作等
手間のかかる作業が進められています。

そのためか、今日は棟梁のほか、大工さんが2名いらしていたそうです。

↓引き戸用の枠ができています。壁のモイスが貼られて部屋らしくなって
きました。
20100413 枠

↓階段下のトイレの造作も進みました。
20100413階段下トイレ
こうして見るとやや圧迫感はありますが、でもまさに空間の
有効利用です。

外では、外壁のシーリング工事が続いています。
なんと!
19時過ぎに用があって母が建築現場を通った際にも、照明つけて作業を行って
いたそうです。

夜遅くまで、お疲れさまです。

 
スポンサーサイト



階段完成!

階段の設置は、けっこう大変な作業のようで、3日目で完成です

20100412階段完成
(養生されてます)

この空間に、階段、トイレ、収納があると思うと、改めて
「効率的~!」と思います。

今日は2階部分のモイス貼りも一部、進んだようです。

朝から駆け回り・・・

土曜日の朝。
それは、一週間の仕事の疲れをゆ~っくり癒す幸せのひととき

・・・のハズなんですが!
今朝は朝9:00に3社目の引越し業者が見積もりが来ることになっていて、
寝過ごさないように慌てて起床しました

3社の見積もりの中から引越し業者も決定し、今度は休日営業している
区役所に向かいました。
ベスト・プランニングからお願いされていた住民票を取り、いよいよ
一週間ぶりの現場へ!
(棟梁のお仕事の邪魔にならないように、いつも昼休みを狙って
現場に行っているので、時計を見ながら慌てて向かいました。)

まずは、へーベルパワーボードの施工が終わった外壁のチェック。

悩みに悩み、延ばしに延ばした外壁塗装の色の決定期限がきてしまった
ので、ベスト・プランニングからお借りしていたサンプルを見ながら
むっくす(夫)と、最終会議です。

↓毎日、ああでもない、こうでもないと眺めていた塗装サンプル。
20100405塗装サンプル

”白系”と決めてからも、白でもいろいろあって、悩みました

自転車で現場に向かう途中も、目に入る建物の外壁をチェック!
参考になりそうな外壁の家を発見したら寄り道(急いではいたんですが・・・)
そんなこんなで相談しつつだったので、現地での最終会議は1分でした



家の中に入ってみると、1階部分の多くに、モイスが貼られていました。
2階にも上がってみたかったのですが、昨日のブログで紹介したとおり、
スケルトン階段状態だったので、これは今日は無理かな・・・と諦めました。

と、お昼休みを終えた棟梁が戻ってきて、「2階も階段を使って上がれるよ。」
と言ってくださり2階の様子も見ることができました

階段については、よしみっくすの母の強~い要望があって(よしみっくす父に
準じて、母も家づくり大好き派です)階段横の壁を階段の勾配に合わせて斜め
に施工するのではなく、↓「平らに」とお願いしていました。
階段手すり部分

玄関から家に上がる時に、壁に手をついてしまうことってけっこう多いので、
ここは手すり代わりもあるなぁと、実用性も考えていました。

以前、棟梁が「最終的にどうするかは階段がついてから決めよう。」と言って
くださっていたので、その場で棟梁と相談して、↓このような形になりました。
20100410階段造作

壁も階段状。
また、写真右上のように、壁の開口もお願いしました。
「視線の抜け」をつくることと、採光をねらっています。

その後、現場にいらしたむっくすのご両親が「家のつくりがしっかりしている」と
褒めてくれていたので、よかったです

階段工事スタート☆

階段の工事が始まりました~

2010409階段工事
今流行(?)のスケルトン階段(踏み板のみで、つま先側のケ上げ板が
ない階段)にもあこがれますが、いたってフツーの階段です☆
ただ施工途中なので、期間限定のスケルトン階段状態です

子どもの頃、家の階段がL字型のスケルトン階段でした。
階段の下が「あそび(空き)」の空間になっていて、まさに子どもにと
ってはこの上ない遊び場で、大好きな場所でした。

ついつい思い出の階段を再現したい思いもあったのですが、現実は実用的
にコの字型、階段の下はトイレと収納!と、限られた土地を効率的に活用
です
(収納はむっくす(夫)の強~い要望で設置です)

そういえば、人から話を聞くと、子どもの頃に階段から落ちた経験の
ある人ってけっこう多くて驚きます。
コの字型なら上から落ちても下まで転げ落ちることがなくて安心かも

明日は土曜日!
また一週間ぶりの現場訪問の予定です
むっくすのご両親も再訪問です。



山小屋風?勾配天井

今日は、大工さんは他の上棟のお手伝いがあり、お休みでした。

外壁工事も、午後から半日の作業だったようで(午前中は他の現場
での補修作業があったそうです)大きな進展はありませんでした。

そこで今日は、ちょっと前のお話。
3月下旬の土曜日に、現場に行った時のこと

室内の造作も進み、そのきれいな仕上がりに感動していました。
↓これは、以前にブログで紹介した勾配天井部分の造作です。
20100327勾配天井
写真右が南側、東側はロフト、西側は勾配天井が下がってくる形になります。

↓その下がってきた勾配天井(西側)の終わりはこのようになっていまいた。
 20100327勾配天井部分
(写真はベスト・プランニングのIさん)

この部分の造りもとってもきれい
・・・でも。
思っていた以上に天井が低い位置まで下がってきていて、
ちょっと圧迫感があるかも・・・

せめて、横軸になっている柱の高さまで天井の終わり部分を上げられないか
とIさんに相談したところ、棟梁に直していただくことになりました

↓棟梁がその日のうちに直してくださったようで、断熱材の施工を見に行った時には、
勾配天井の終わりが、写真のようにカットされていました。
20100330勾配天井

天井に石膏ボードが貼られると、こんな感じです。
20100403勾配天井

作業のやり直しは、本当に心苦しかったのですが、すぐに対応してくださっ
た棟梁に感謝です

一見、大した違いはなさそうですが、部屋の中にいると、天井の圧迫感が減
り、すっきりと、とってもいい感じになりました




- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
07 09
プロフィール

yoshimix

Author:yoshimix
共働きの奥さんです。
はじめての迷いながらの家づくり。
現在進行形の「いい家」をめざした日々の記録です。

最新記事
カテゴリ
リンク
バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ